投稿者「h-happytown」のアーカイブ

夏休みに高速バスで名古屋から東京に遊びに行く

東京ディズニーランドに行ってみたい

東京へ家族旅行

夏休みに名古屋から東京に遊びに行きたいと考えているご家族もいらっしゃるかもしれません。

お子さんがいれば、東京ディズニーランドに連れて行ってあげたいでしょうし、最近話題の東京スカイツリーにも行ってみたいでしょう。東京に行くのはいいけれど、やはりお金がかかってしまうのがネックです。東京ディズニーランドの入場料だけでもかかりますし、宿泊するとなるとなおさら大変です。

ここはせめて交通費は安く抑えられるよう、高速バスを活用してみるのはいかがでしょうか?高速バスなら名古屋から東京までとっても安い値段で行くことができます。夜行バスを利用すれば、車内で寝ることができますから、宿泊費を1泊分浮かせることもできます。

東京に着いてからゆっくりできる時間が増えますので、一石二鳥です。

予約を忘れずに

なお、夏休みに高速バスで名古屋から東京まで行くのでしたら、早めに席を予約しておくようにしましょう。

高速バスは新幹線の自由席のようにいきなり行って乗車できるわけではありません。夏休みは混雑しますから、早めに席をキープしておかないと、乗車できなくなってしまいます。高速バスの座席はインターネットでも予約できますから、窓口へ行く時間がない場合には、ネットで予約しておきましょう。

高速バスの座席

リラックスできる座席を選びたい夜行バス

高速バスの移動

安い運賃で遠距離移動をするのなら、高速バスを利用するのが便利です。

しかし、電車などと違ってずっと座席に座りっぱなしになることが多い高速バスの移動は、体がシンドイのでは?と心配する人も多いかもしれません。特に、夜間に移動する夜行高速バスの場合は「車中泊」という形で睡眠をとりながらの移動となるので、リラックスできなければ翌日からの予定にも影響が出てしまいますよね。

高速バスの座席

高速バスでなるべく楽に移動がしたいのであれば、とにかくバスの設備をよくチェックするようにしましょう。

座席シートが広めで、リクライニングが必ずできること、足元にはフットレストがあるか、空調にも気は配られているか…などなど。このようなデラックスな<a href=*http://trikeair.com/*>高速バス</a>の中には、座席の頭部分に寝顔を隠せるフードがおろせるような工夫がされているものもあるのだそうです。これならば、寝顔を気にせず熟睡できるのではないでしょうか。高速バスの運行会社や旅行会社によって表現はさまざまですが、これらのシートが使われている高速バスプランの場合は、リラックスシートとか、デラックスシートなどという名前で呼ばれていることが多いようです。

このような特殊な設備を導入した高速バスの場合は、通常の高速バスよりも、料金が若干高めであることが多いですが、高いだけの快適さは得られるはずです。

成田空港へのシャトルバスならリムジンバス

成田空港 → 羽田空港

■運賃

大人:3200円

小人:1600円

参照:https://www.limousinebus.co.jp/areas/detail/hnd/narita