教会で結婚式

意外と身近なキリスト教

日本人の多くは仏教、もしくは神道を信仰しているという人が多く、欧米などに比べるとキリスト教徒の割合はかなり少ないです。

しかし、注意してみると、街の中には案外教会が多く存在していますし、キリスト教信者でなくとも教会や教会風の施設で結婚式を挙げたり、建物などが美しい教会を見学したりといったことをする人も多いので、信者数の割には比較的なじみのある宗教といえるかもしれません。

いまではすっかり日本の行事の中に組み込まれてしまったクリスマスなども、もともとはキリスト教の大切な記念日ですよね。

 

厳かな結婚式

さて、そんな風に意外と身近なキリスト教ですが、一般の人がキリスト教の教会に入るチャンスと言えば、やはり一番多いのは結婚式でしょう。

本来は教会での結婚式は信者同士が結婚する場合にのみ、しかも自分が所属する教会で行うものなのですが、日本の場合は信者でなくとも結婚式を挙げられるようにしている教会がほとんどであるようです。

そして、教会で結婚式を挙げる場合には、信者である、なしにかかわらず、教会が主催する「結婚講座」などの指導を受けるよう条件が定められているところが多いです。

結婚講座、あるいは結婚のための勉強会などと呼ばれる会では、キリスト教の基礎知識をはじめ、キリスト教の結婚観や夫婦の意味などを指導されるようです。
講座の回数は教会によって異なり、1回だけというところもあれば、10回以上も出席を求められるところもあるようです。

講座と合わせて礼拝への参加も求められることが多いので、教会での結婚式を希望するような場合は、そのことを頭に入れておいたほうがよいでしょう。

また、結婚式場の「教会風施設」ではなく、厳格な信仰の場としての教会での結婚式であれば、ウエディングドレスも、極端に露出が多いものはNGであったり、挙式最中の撮影は不可という場合も少なくありません。

このように、いろいろと制約も多い教会での結婚式ですが、それでも人気が高いのは、やはり教会ならではの厳かで神聖な雰囲気が味わえるためといえるでしょう。