ハットルグリムス教会

アイスランドで最も高い建物

世界にはさまざまなデザインの教会が存在しますが、ビザンティン様式やゴシック様式、バロック様式などとは全く異なる印象を与えるモダンな教会がアイスランドにあります。

アイスランドの首都・レイキャヴィクにある「ハットルグリムス教会」です。

アイスランドで最も高い建物とされる「ハットルグリムス教会」は、レイキャヴィクのシンボル的な存在として親しまれており、アイスランドの観光スポットとしても人気があります。

コンクリートで作られたハットルグリムス教会の特徴は、なんといっても独創的なその形です。

73メートルもあるという塔が中心にそびえたつシンプルな建物は、「スペースシャトルみたい」「ハリーポッターの世界に出てきそう」など、人々がさまざまな感想を漏らす印象的なものとなっています。

 

ハットルグリムス教会とは

ハットルグリムス教会を設計したのはグジョン・サムエルソンで、設計を依頼されたのが1937年、建築開始が1945年で完成が1986年と、かなり長い年月をかけて建築されました。

「表現主義建築」と呼ばれる独特のデザインのハットルグリムス教会ですが、設計者によればデザインのインスピレーションとなったのは噴火した火山から流れ出した溶岩が冷えて固まった様子、なのだそう。

ちなみに、ハットルグリムス教会という名前の由来は、アイスランドの詩人で聖職者でもあった「Hallgrimur Petrusson」の名前にあります。

ハットルグリムス教会の内部は、非常にシンプルなつくりとなっていますが、その中でひときわ目をひくのが巨大なパイプオルガンです。

教会にパイプオルガンがあることは珍しくありませんが、広々としたハットルグリムス教会の中に設置された巨大なパイプオルガンは、荘厳で厳粛な響きを聴かせてくれます。

ハットルグリムス教会のパイプオルガンの演奏は、夏季に開かれるコンサートで存分に味わうことができます。
また、ハットルグリムス教会には展望台も存在し、料金を払えば上ることもできます。

アイスランドで最も高い建物と言われていますから、展望台からの眺めは最高。

美しいレイキャヴィク市街を四方に見渡すことができます。